糖質と糖類って何が違うの??

ダイエット・筋肉増量
全ての「ボディメイク」を成功させるパーソナルジム
【 BEYOND 札幌 】の佐々木です。

 

当ジムのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は糖質と糖類の違いについてです。

CMやスーパーなどで「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」などという

文字をよく見かけませんか?

違いが分からない方も多いと思うので簡単に説明していきたいと思います。

 

どちらとも大きく括ると炭水化物になります。

炭水化物は食物繊維+糖質です。

 

まず、「糖質」が出てきましたね。

糖質とは食物繊維以外の炭水化物のことで

私たちのエネルギー源となる栄養素です。

糖質は単糖類(ブドウ糖や果糖)、二糖類(ショ糖や麦芽糖)、多糖類(グリコーゲンやデキストリン)、糖アルコールに分かれます。

 

 

そしてこの◯糖類のうち、

単糖類と二糖類を総称したものを「糖類」と呼びます。

 

 

まとめると、

炭水化物=糖質糖類(単糖類+二糖類)+多糖類や糖アルコール}+食物繊維

になります。

 

つまり「糖質ゼロ」とは単糖類〜多糖類、糖アルコールなど一切含まないということです。

一方「糖類ゼロ」とは単糖類・二糖類は含みませんが糖アルコール(キシリトールなどの甘味料)が

使われていたりします。

 

また、「ゼロ」と表示できる基準は定められています。

糖質・糖類ともに食品100g(100ml)当たり0.5g未満の含有量だと

「ゼロ」と表示できます。

 

以上のことを参考にしながら食品を選んでみてください💪

★無料カウンセリング、体験トレーニング受付中★
皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております😌