三大栄養素の脂質ってなに??

ダイエット・筋肉増量
全ての「ボディメイク」を成功させるパーソナルジム
【 BEYOND 札幌 】の佐々木です。

 

当ジムのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

脂質は1gあたり9kcalと三大栄養素の中で1番大きなエネルギー源になります。

その他にもホルモンや細胞膜の材料になったり、皮下脂肪として臓器を保護したり、

脂溶性ビタミンの吸収や、寒さから身体を守ったりする働きがあります。

 

脂質はどんな食材に多く含まれているのか。

●肉類

手羽先や鶏肉の皮、脂身の多い肉(ロース、サーロイン、ばら、タン)

●魚類

サバ、サンマ、イワシ、サケ、ツナ缶(オイル漬け)

●その他

卵黄、アーモンド、くるみ、アボガド、サラダ油、オリーブオイル、ごま油、ショートニング、マーガリン

などの食材に含まれています。

 

どの食材を選んで食べれば良いのか。

まず避けたい脂質はトランス脂肪酸や飽和脂肪酸です。

代表例としては

トランス脂肪酸→マーガリン、ショートニング、

飽和脂肪酸→脂身の牛肉、脂身の豚肉、ごま油、サラダ油

になります。

これらはダイエット面だけでなく、健康面でも悪影響になります。

動脈硬化、ガン、心疾患、脳梗塞などです。

 

一方で積極的に摂りたい脂質は

不飽和脂肪酸やオメガ3系と呼ばれるものです。

不飽和脂肪酸→オリーブオイル、アボガド、アーモンド、くるみ

オメガ3系→サバ、イワシ、サンマなどの青魚、サケ

です。

これらは悪玉コレステロールを減少させたり、乾燥を防いだり、

逆に脂肪を燃焼してくれたりします。

 

 

このように脂質にも種類があり、

カロリーを決めて三大栄養素の割合(PFCバランス)で脂質を

何で摂るか考えた時には

不飽和脂肪酸やオメガ3系の脂質で摂りましょう。

 

★無料カウンセリング、体験トレーニング受付中★
皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております😌