体の安定性向上でトレーニング効果がアップ!

こんにちは

ダイエットパーソナルジム BEYOND札幌の田中です

 

皆さんは「よし、これから体を動かそう」という時、

運動の前にどのような準備をしますか?

 

多くの方が体をほぐして怪我を防ごうということでストレッチをされると思います。

 

ストレッチ、非常に重要ですよね。

 

やはり柔軟性がないと体が思うように動かせなかったり、

日常生活の中でも体の痛みの原因になったりします。

 

ですが、怪我や体の痛みを防ぐとても重要な要素がもう一つあります。

 

それが「安定性」です。

 

この「柔軟性」と「安定性」がとても大切です。

 

ただ柔軟性は何となくイメージがつきやすいですが、安定性という言葉だけではちょっとぼんやりしますよね。

 

運動を行うと、当然ですが体にある程度負荷がかかります。

 

特に健康的なダイエットも必須とも言える筋力トレーニングではウォーキングなどよりも高い負荷がかかります。

 

わかりやすいところで「腕立て伏せ」を例にとってみましょう。

 

腕立て伏せでは、手首、肘、肩などの関節は動かしたいのですが

首や腰の関節は安定させたい種目です。

 

ですので、動作中に腰が反ってしまったり、頭が落ちてしまうと思うような効果が得られません。

他のエクササイズや日常の動作も同様で、安定させたい部分がグラグラしたままだと思うような動きが出来ません。

 

安定性が高まればフォームも綺麗になりエクササイズで使いたい部分をより意識しやすくなり、今まで以上にトレーニング効果を感じやすくなるはずです。

 

このように「柔軟性」と「安定性」は様々な動きの土台となる部分ですので、

もし体を動かす機会がある場合は少し気をつけるだけでも違ってくると思います。

 

ぜひ意識して取り入れてみてください^ ^